健康な木を育てるために必要なお手入れ!間伐は業者に任せよう

庭の手入れに困っている…

庭の草木が生い茂って管理をするのが厳しい、自分で木を切ったり間伐をするのは体力的にも技術的にも無理だという人が多いでしょう。間伐をしないと木に栄養が回らなくなり、弱ってしまう事があります。庭の手入れに困っている、そんな時は専門の業者へ依頼をしてはいかがでしょうか?林業に関しての資格や知識を持ち、希望に合ったお庭造りを提案してくれます。

間伐って必要なの?そんな気になる点を解消していこう

作業員

そもそも間伐とは?

間伐とは山林のお手入れ方法の一種です。森林において樹木の発育を助けるために一部の木を切る事です。木と木が密集してしまう事で空間が窮屈になってしまい、個体の成長が阻害されてしまいます。間伐とは、発育状況が悪い木をなど生長の妨げになるような木を切ってしまい、残った木の健全な成長を促すために間伐が行われます。

作業員

間伐の必要性

間伐を行う事で残った木の成長や根っこの発達を促して風や雪の害にも強い木を作ります。木と木の間を開けることで日の光も差し込みやすく、下層植生が繁茂して表土の流出を防いだり植物が増えることで、様々な動物が育ちやすい森を作ることが出来ます。更に病害虫の発生も少なくすることが出来る為、間伐をすることにはたくさんのメリットがあります。

はさみ

間伐はいつ実施するの?

一般的に間伐が実施される時期は晩秋から冬に行われます。夏にたっぷりと水分を水分を含んでいた木も、晩秋や冬になると水分を蓄えなくなるので、切り倒しやすくなります。夏は雑草が生い茂っているので足場が悪く危険で、春だとスズメバチや蛇が出やすい時期になるのですが、こうした害虫も冬の時期は姿を見せないことから作業しやすい時期は晩秋から冬になります。

のこぎり

間伐の注意点

間伐作業とは危険を伴います。まず安全に作業をするために作業スペースを十分確保する事です。次に服装を整える事、間伐を行う時は必ず安全靴と防振手袋に、必要であればすね当てや安全帯などの保護具を身に付けます。またきちんと間伐に関して知識がある人がいないまま無暗に切り倒すと、人が下敷きになったり電線に引っかかってそのまま切れて停電になってしまったという事故を引き起こします。事故を防止するためにも注意点はしっかり守りましょう。

[PR]
間伐作業を迅速に対応
一度電話で相談してみよう☆

除伐と間伐の違いは?

除伐とは?

除伐とは、生育の対象となる樹木の生育を妨げる他の木を伐りはらう作業のことを言います。間伐とは異なり、樹木の生長を促すだけではなく森林を管理するうえで支障の出る樹木を除去する目的もあります。

間伐とは?

間伐とは、樹木が生長するうえで混み合ってきた樹木を間引いて成長を促すための目的の伐採です。森林に太陽光が届くようになって、下草が生育しやすい環境になります。

自分での間伐は危険!

間伐を自分で行うのは非常に危険で、チェーンソーを入れる方向によって木の倒れる方向が決まります。倒れた先に民家があったり人を巻き込んだ事故を起こしかねないので、自分で間伐することはやめましょう。

プロの業者に依頼をしよう!

芝刈り機

草刈は業者へ

草刈は自分で行うこともできますが、忙しい人や高齢の方には体力的に厳しいです。そのためプロへ依頼をすれば早く手きれいなお庭を維持できます。

もっと詳しく
ブルーベリー

ガーデニングはプロに相談

ブルーベリーは病気にも強く比較的育てやすい植物ですが、育て方の疑問やお庭の管理についての相談は専門業者へ依頼しましょう。

もっと詳しく

[PR]
ブルーベリーの育て方を徹底解説
自宅で家庭菜園を楽しもう♪

[PR]
間伐作業を依頼しよう
対応実績豊富な業者をリサーチ♪